スペインバルの店舗設計 東京

店舗設計 東京のウエムラデザインスタジオが手がけた施工事例をご紹介しましょう。スペインバルの場合は、多くの通行量がある商店街の小さなものに面しているため、地元の人から愛され、地域密着のよくコミュニケーションがとれるようなデザインを目指しました。

白色と木をベースにし、多くの種類の色・木種を使用することによって、単調にならないように、デザインの温もりのあるものをテーマにしました。

店内が外からも見えるようにファサードの解放感のあるものにプラスし、一般的に屋外で使うデッキ材を店内の床には採用しました。同じ素材でエントランスまで仕上げることによって、一体感を店舗の内外で実現しました。

このことによって、一部の商店街のようなイメージを与え、入店する際の障害を非常に小さくする効果があります。出店者自身が、販促物、ロゴなどをデザインしたことによって、ローコストの店舗を二人三脚で実現しました。

ウエムラデザインスタジオ
http://www.uemura-design.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年は、経営学において、感情の研究に関心が集まっています。現代の多くの企業はサービスを提供することを…
  2. 1.節電・省エネの事例2.次世代節電ユニットecomoの導入例1. 節電・省エネの事例今後の企業戦略…
  3. 一般財団法人DEVNET JAPANは、NPO・NGO組織です。ガリ前事務総長らの働きかけによって1…
ページ上部へ戻る